スズキエスクードマイナーチェンジ燃費や価格はどう変わるのか?


エスクードは1988年に登場して以来、スズキの設計では一番サイズが大きく、日産セレナのOEMのランディを除けば、スズキオリジナルとしては、フラッグシップモデルと考えていいでしょう。

登場以来4代目となる現行型のマイナーチェンジが行われる予定になっています。

既に欧州では発売済みになっているので、日本での発表待ちといった状況になります。

エクステリアやインテリアはどこまで変更になっているのか?


日本での発表は12月3日、発売が12月21日からとなっているので、スズキの年末年始の特別フェアーの目玉という事になりそうです。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアの変更は概ねフロントグリルの形状を横形状から縦形状に変更しています。

またフロントバンパーのフォグランプ周りに、シルバーメッキのガーニッシュを取り付けているので、フロントからの印象は結構変わると思います。

またリアはコンビライトが赤一色に統一される事で、バックランプはバンパー下に変更されています。

インテリアでは大きく変更は感じないかもしれませんが、ダッシュボードなどに柔らかい素材を採用しているので、プラスチック感からの脱却を図ろうとしているのがわかります。

フラッグシップと考えればこれくらいのインテリアの処置は必要だったのかもしれませんね。

Sponsored link


今回のマイナーではターボオンリーか!?


10月に行われたパリのモーターショーでいち早く発表発売されたエスクードマイナーチェンジですが、今回追加されたのは、1L直3ターボです。

これはブースターターボとよばれるもので、クロスビーなどで採用されています。

このことから、現行にある1.6LのNAエンジンが廃止される事になります・・・つまり、1.4L直4ターボと1.0L直3ターボの2車種という事になります。

既にこのエンジンでヨーロッパでは販売されていますから、日本もこのままの状態でNAなしで販売に踏み切る可能性もあります。

ただ、日本では1.0L直3ターボの販売がスルーされるとの噂もあるので、ちょっと目が離せない状態です。

11月末から予約も開始されるとも言われていますので、予約する場合には確認した方がいいでしょう。

「スズキエスクードマイナーチェンジ燃費や価格はどう変わるのか?」まとめ


スズキエスクードマイナーチェンジについて紹介してきました。

エスクードはラダーフレームの上にボディを乗せている形になっているので、クロスオーバーSUVの扱いにはなりますが、ラダーフレームを使用していることからライトクロカンの要素も残しています。

1.0L直3ターボを搭載する事になりますが、ライトクロカンとしても問題なく走る事ができるのか?という感じですね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ