スバルアウトバックへのフルモデルチェンジは2020年?サイズや燃費はどうなる


スバルのレガシィアウトバックは、レガシィツーリングワゴンの後継車的な扱いで販売が開始されています。

新型アウトバックは、2019年4月にニューヨークモーターショーで発表されており、2019年7月29日から北米で販売が開始されています。

今回行われた東京モーターショーで新型アウトバックの発表が期待されていましたが、発表されないまま、東京モーターショーは終了してしまいました。

新型アウトバックは日本でいつ発売されるのでしょう?

新型アウトバックの仕様はどうなの?

すでに、北米では販売が開始されている、新型アウトバックですが、今回の新型からシャーシはスバルグローバルプラットフォームを採用しています。

エンジンは、アセントから流用した2.4LターボとNAモデルは2.5Lボクサー4エンジンを継続して使用しています。

ただし、継続採用といっても90%以上新規パーツを使用して、直噴率も上げてきており、パワーも若干だけ、アップした形になっています。

CVTのパドルシフトは7速から8速へ変更となっているので、パドルシフト仕様は、結構忙しくシフト操作が必要になりそうです。

北米仕様初として、車線維持制御と先行車追随操舵制御装置が採用しています。

かなり、室内の静粛性能も向上しており、1クラス上の静粛感があります。

Sponsored link

新型アウトバックの日本発売日はいつになるのか?

2019年7月には、北米では新型アウトバックが、すでに発売されています。

通常であれば、東京モーターショーでの発表も見送られていることから、新型アウトバックの日本発売は当面なさそうです。

F型が2019年11月に発売となっていますから、新型アウトバックは2020年の下期に発売が有力でしょう。

確実に新型アウトバックは1年以上も日本では登場しないことになります。

現状スバルは、新型アウトバックの販売台数が年間10000台前後推移しているので、2020年の夏に販売が予定されている、新型レヴォーグに力を注ぎたいのでしょう。

レヴォーグは年間20000台以上の生産数ですから、アウトバックよりは売れ筋という事で、スバルはレヴォーグを推したいという事でしょう。

現状でもアウトバックとレヴォーグの価格差は50万円前後です。

同じクロスオーバーSUV、価格と使い勝手の良さから見ても、お客としてはレヴォーグを購入する方向性になってしまっています。

アウトバックの方が後回しという事で、新型の販売は2020年の下期になるという事です。

「スバルアウトバックへのフルモデルチェンジは2020年?サイズや燃費はどうなる」まとめ

スバル新型アウトバックについて紹介してきました。

スバル自体も、レヴォーグとアウトバックの差別化が難しいのか、主軸をレヴォーグに置きたいのが見えています。

新型アウトバックは、日本では売れ筋ではないために、後回しにされるのは仕方がないですが、新型に代わって売り上げが伸びるか伸び悩むかで、今後のアウトバックの処遇が決まりそうです。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!



Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ