スバルフォレスター新型は「VIZIV FUTURE CONCEPT」2018年フルモデルチェンジか?


フォレスターの次期型では?として2015年東京モーターショーでお目見えしたのが、VIZIV FUTURE CONCEPTです。

フォレスターのフルモデルチェンジを控えており、このVIZIV FUTURE CONCEPTを軸にエクステリアを構成するのではと言われています。

VIZIV FUTURE CONCEPTはフォレスターの新型か?

2017年東京モーターショーで発表されるのでは?と言われているのが、フォレスターフルモデルチェンジです。

今回のモデルチェンジに当たっては、VIZIV FUTURE CONCEPTのデザインを中心に開発されたのでは?とも考えられています。

エクステリアデザインは、ほぼVIZIV FUTURE CONCEPTのままに近い状態のような気がします。

それだけ、このVIZIV FUTURE CONCEPTのエクステリアデザインは量産性の高いデザインになっています。

あのエクステリアなら街中を走っていてもおかしくないですからね。

ただ、VIZIV FUTURE CONCEPTの横幅が1900㎜もあることから、そのままでの使用はしてこないだろうとの見込みです。

スバルグローバルプラットフォームを使用しての開発ですから、若干幅を細めに1800㎜辺りにしてくると思います。

Sponsored link


VIZIV FUTURE CONCEPTの気になるインテリアは?

VIZIV FUTURE CONCEPTでは、インテリアは、ほぼ量産性の高いデザインになっており、量産する場合には一部変更は伴うでしょうが、ある程度はそのままのデザインで問題なさそうです。

但し、後部座席は次期型フォレスターに搭載する事はないでしょう。

VIZIV FUTURE CONCEPTでは後部座席はベンチタイプシートでは、なく独立した1つ1つのシートになっているので、この辺りはCONSEPTカーの印象です。

次期型フォレスターでの後部座席は6:4分割でほぼ決まりでしょう。

コンセプトカーだけに遊び心満載に仕上げているので、実用ベースには後部座席のみかけ離れてしまっています。

インテリアのカラーデザインは気になる点は有りません。

どちらかと言うと、SUVのインテリアカラーは重厚感を出すのに黒系のカラーを選択している傾向がありますが、オレンジを使用することで室内が明るく感じる事ができます。

全面に押し出している訳ではないですから、インパクト的な所を考えると次期型フォレスターにもこのオレンジは採用されるのかもしれません。

「スバルフォレスター新型は『VIZIV FUTURE CONCEPT』2018年フルモデルチェンジか?」まとめ

VIZIV FUTURE CONCEPTについて紹介してきました。

2017年東京モーターショーでは、たぶん次期フォレスターに取って変わって、VIZIV FUTURE CONCEPTは姿を消す事になると思います。

基本的にはスバルの「車にのる愉しさ」をイメージした車だけに、今回のモーターショーではまた違うCONSEPTカーを出展してくるのではないでしょうか。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ