スバルレガシィ B4とアウトバックが新型へマイナーチェンジ!どこが変わるのか?


2017年9月4日にレガシィB4とアウトバックのマイナーチェンジを発表しています。

発売はどちらも10月5日からとなっています。

今回のマイナーチェンジではなにが変わっているのでしょうか。

スバルレガシィB4とアウトバックマイナーチェンジの主な変更内容とは

今回のこの2台のマイナーチェンジは大きく分けて、アイサイト・走行性能・内外装の変更が主な内容になっています。

アイサイトは安全性強化を図ったタイプを搭載する事になっています。

後退時自動ブレーキシステムの追加を始め、全車速追随機能付きクルーズコントロールを0㎞~120㎞/hに変更。

それにフロント&サイドビューモニターやハイビーム時の眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用。

ステアリング連動ヘッドライトも搭載しています。

まさに安全第一と言う感じです。

スバルの売りはアイサイトですからね。

これの強化と搭載は必須項目でしょう。

また内外装の変更に関しては、インテリアでは主に目立った変更点はセンターパネルのデザイン変更でしょう。

エクステリアは、フロントバンパーとフロントグリル・リアバンパーの形状変更ですがこちらはB4とアウトバックの特性の違いを明確にする様な変更になっている様です。

Sponsored link


スバルレガシィB4とアウトバックマイナーチェンジの走行性能は?

スバルと言えば走しりですよね。

アウトバックはSUVの要素が強いですが、B4と同じですから走りに関しては文句はないでしょう。

今回の改良の中ではサスペンションのチューニング変更とパワステの改良が組み込まれていて、フラットな乗り心地と言う事はかなり滑らかなセッティングに変更してそうです。

スタアリングの改良はより切れ味抜群な方向性に変更していると考えていいでしょう。

エンジン部品の軽量化やフリクションの低減をしている事から、スバルの課題である燃費改善に少しでも役立つ方向性と言ってもいいかもしれません。

またエンジンの静粛性能をあげる効果も期待できそうです。

スバルレガシィ B4とアウトバックが新型へマイナーチェンジのまとめ

レガシィB4とアウトバックのマイナーチェンジについて紹介してきました。

正直な感想は思っていたよりも走行性能がおとなしい方向性に振ってしまったのでは?と感じます。

基本はAWDですから、もう少し荒々しさを出してもいいような感じもするのですが、直進性が強い車両だけにピーキーになりすぎるのもどうかと思いますが、少し安全方向な良い子的な車な印象を受けていましいます。

かつてのレガシィのスポーツ性を求めるなら、レヴォーグがありますよ・・・とスバルのセールスマンが言いそうですが、そんなメーカー都合の一方的なマーケティングもどうかなと疑問に思うのは私だけでしょうか。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ