スバル・アセント日本発売は2019年?逆輸入・並行輸入は可能なのか?


2017年12月1日~10日かけて行われた、ロサンゼルスモーターショーでスバルが大型SUVの発表を行いました。

発表されたのは、スバルアセント。

トヨタのランクルクラスの大型SUVで7~8人乗りです。

スバル・アセントのスペックは?


LAモーターショーでスバルが発表した大型SUVアセントのスペックはどの様になっているのでしょう。

全長4998㎜ 全幅1930㎜ 全高1819㎜ 乗車人数7又は8人。

この数値をみるだけで、かなりの大型車両と言うのがわかると思います。

3列シートでありながら、3列目の座席空間にはかなり余裕が生まれるほどの大きさになっています。

エンジンは水平対向 2.4L 4気筒直噴ターボを採用することになっています。

水平対向 3.6L NA6気筒エンジンよりも、アセントに搭載されるエンジンの方が燃費や動力性などが勝っていると言っています。

またプラットホームもスバルグローバルプラットホームを採用しているので、車体剛性も高く、安定した走りをする事が出来る様です。

Sponsored link


スバルアセントの日本の発売はあるのか?

今回LAモーターショーで発表されたスバルアセントですが、2017年東京モーターショーには出品されていません。

ほぼ1カ月違いで行われたモーターショーですから、車両自体は、東京モーターショーの段階で完成している事は間違いありません。

そうなると、アセントの日本での販売はどうなるのかが気になる所です。

スバルでは、アセントは北米専用と言う事を言っています。

理由としては、これだけの大型SUVは日本での需要が見込まれないからと言う事の様です。

ただ、トヨタは新型のハイラックスを導入しているので、大型SUVにも需要があると見込んでいるがわかります。

日本では小型・中型SUVが人気ですが、道路事情を考えると大型SUVの導入は躊躇する事になります。トヨタとスバルの考え方が違ってもおかしくはない所ですが、最終的には、日本での導入も見込まれていると考えてもいいのかもしれません。

スバルアセントの北米での販売は2018年内と言う事ですから、日本の販売を開始する場合は、早くても2019年以降と言う事になるでしょう。

「スバル・アセント日本発売は2019年?ホントに逆輸入か並行輸入でしか手に入れられないのか?」まとめ

スバルアセントについて紹介してきました。

スバルの大型SUVになりますが、また日本でのSUV市場の拡大につながる事は間違いありません。

90年代のSUVブームの再来なのか!?とも思ってしまいますが、今回は一時的ブームの様な気がします。

スバルは現在のSUV人気が大型SUVを市場が欲しがっているのかを見極めている段階と言う事は間違いないでしょう。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ