ダイハツDN compagno(ディーエヌ コンパーノ)東京モーターショー2017出品車


2017年10月27日から開催される東京モーターショー2017にダイハツは創立110周年を期にグループスローガンを掲げています。

「Light you up らしく、ともに、軽やかに」ダイハツらしいスローガンです。

DAIHATSU NEWの頭文字をとったDNシリーズのコンセプトカーを出展してきます。

ダイハツDN compagno(ディーエヌ コンパーノ)は復刻版?

今回ダイハツがDNシリーズとしてcompagnoと言うコンセプトカーを出展します。

もともとコンパーノはダイハツが1963年に生産していた4ドアセダンですが、そのシリーズの中でも当時としてはとても画期的だったと思われる、コンバーチブルのコンパーノ・スパイダーという、今見てもとてもスタイリッシュな車種があったのですが、

そのデザイン性を継承して、今回のDN compagnoの開発をしています。

なるほど、そのエクステリアデザイン的には、60~70年代風ですが、かなりいい雰囲気を醸し出しています。

エクステリアのデザイン性から言えば販売した確実に売れそうな印象を受けます

ボディサイズは4200×1695×1430(全長・全幅・全高)ですから、カローラサイズの大きさではないでしょうか。

ちょっとだけ大きいような気もしますが、これぐらいが調度いいのかもしれません。

インテリアの画像が判明していないので、出来れば最新的なデジタル系ではなくアナログ風のメーターにしてくれると、ユーザーのハートをがっちり捉えそうです。

ダイハツDN compagno(ディーエヌ コンパーノ)のパワートレインは?

エンジンは1.2L+モーターのハイブリッドと1.0Lターボの2種類が搭載可能の様です。

ハイブリッドのトランスミッションはCVTを組み合わせる様ですから、結構な加速力が期待できそうです。

1.0LターボにはMTを設定してもらえたら、楽しそうな車になりそうですけどね。

compagnoは、乗員が4名となっていますが、実際は前席に重きを置いている様ですから、4ドアクーペの位置付けになりそうです。

コペンでは、ちょっと小さいかな~と思っている方には、かなり受けが良さそうです。実際に販売開始した場合には、かなり納車待ち状態になるのではないでしょうか。

「ダイハツDN compagno(ディーエヌ コンパーノ)東京モーターショー2017出品車」まとめ

ダイハツDN compagnoについて紹介してきました。

コンセプトカーですから、市販されるかどうかは不明ですが、今回の東京モーターショーの反響いかんによっては、市販化される可能性がかなり高いと思います。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ