ダイハツDN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)は時期タント? 東京モーターショー2017出品車


2017年10月27日から開催される「東京モーターショー2017」にダイハツは、DN(DAIHATSU NEW)シリーズを展示してきます。

近未来的なコンセプトカーだけではなく、実用ベースとして完成域に近いものまでが展示されそうです。

ダイハツDN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)は次期タント?

今回ダイハツがDNシリーズを展示しますが、このU-SPACEは次期タントでは?と言われている車両になります。

確かに画像をみる限りでは。エクステリアは、タントに非常に良く似ています。

それに、このU-SPACEのキャッチコピーが

「忙しいママを支える、モアスペース系軽自動車の使い勝手の良さを更に高めた新提案」

ということですから、確実に次期タントと言っている様なものです。

また、ボディサイズもタントと同じ、全長3395㎜×全幅1475㎜×全高1750㎜となっているので、現行タントからの乗り換えをかなり期待していると見てもいいでしょう。

既に現行型タントは、2013年にフルモデルチェンジしているだけに、U-SPACEの市場投入は早ければ2018年には、時期型の新型タントとして登場しそうです。

Sponsored link


ダイハツDN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)の装備は?

今回のU-SPACEで現行型タントと違うのは、ドアです。

コンセプトカーですから、斬新なアイデアですが、前後のドアが両側ともスライドドアとなっている点です。

これはヒンジドアよりも確かにスライドドアの使い勝手はかなり良いですから、この前後スライドドアが採用されれば、かなり注目を集める事になるでしょう。

センターピラーレスですから、スライドドアを採用することで、かなり乗り降りがさらに、UPする事になりそうです。

インテリアでは、パノラマビューを採用していることから、前方視界や両側の窓も一段下がっているので、ママさんドライバーの視界確保を確実に助けそうです。

このU-SPACEが販売にこぎつけた場合には、かなりの販売台数が見込まれるのではないでしょうか。

「ダイハツDN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)は時期タント? 東京モーターショー2017出品車」まとめ

ダイハツDN U-SPACEについて紹介してきました。

この車両はコンセプトカーと言うよりも確実に生産型に近いモデルと言ってもいいかもしれません。

タントのフルモデルチェンジを見据えての展示となれば、既に試作車両も最終段階に入って来ている状態でしょう。

もし販売されるのであれば、遅くても2018年の秋には新型タント登場となるのではないでしょうか。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ