トヨタエスティマ新型へのフルモデルチェンジで復活濃厚か?


現行型50系エスティマは2006年に製造が開始されたモデルです。

トヨタの車両の中の1BOXタイプの中ではアルファードとノア・ボクシィ組の中間層にあたる車両になっています。

2018年に販売台数の急激の落ち込みがあった為、2019年をもって生産中止という裁定がされた様ですが、北米や現行オーナーの要望が強い為に2021年に向けて開発を始めたとも言われています。

今後の動向をチェックしておきましょう。

エスティマフルモデルチェンジの内容は?

今回一時期生産中止の裁定が下されたにもかかり、復活が考えられているエスティマまです。

次期エルティマのモデルチェンジの時に投入が考えられているのが、TNGA技術を使用したEVパワートレインというのがまだ間になってくるのでは?とも考えられます。

EVの分野では若干ながら日産に遅れを取っている印象があるので、それを払拭したい狙いがあるのでは?とも考えられます。

また。水素を使用してのFCV車の設定も考えられているという噂ですから、トヨタ人としては、かなり出し見おしなく技術を投入してくるのでは?と予想されます。

Sponsored link


エクステリアデザイン画に問題が有りそうなのか?

既にモーター雑誌関連では、フルモデルチェンジ後のエクステリア画像を独自で予想していたりします。

この多くは、トヨタ自身のリークも含めてのデザイン画になりますから、ある程度、当たっているといえば当り、ハズレといえばハズレという、まだまだデザイン的にはガッチリ固まってはいないでしょう。

ベストカーに掲載されたエクステリア画像を見る限りでは、ウィッシュ的印象も受けますし、一昔前のイプサムも想像できます。また他社ではホンダオデッセイアブソノール的な感じも・・・正直万人が納得するデザイン性では無さそうです。

ノア・ボクシィ・エクスクワィヤの押し上げもあるトヨタですから、エスティマの存在意義がうすれているのは確かです。

このエクステリアデザイン画からどう変化させてくるかトヨタデザイン部の腕の見せ所でしょう。

社長もいっている通りFan to Driveが大事ですからね!

「トヨタエスティマ新型へのフルモデルチェンジで復活濃厚か」まとめ

フルモデルチェンジを行うのか瀬戸際のエスティマですが、ここまでの情報が出回っている限りでは、確実に2021年に向けて販売開始を目指しているのかもしれません。

確かにEV部門では日産が頭を取っていますが、それもリーフだけで、大型車に関してはEVどころかEPOWERも付けられないほどになっています。

トータル的にいえば確実にトヨタが有利なのですが、EVと水素車両を完璧にして各車両につなげていく為の第一歩と考えてもいいのかもしれませんね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!
 
 
 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ