トヨタカローラハッチバックがニューヨークモーターショー2018でデビュー!


2018年3月23日にトヨタはニューヨークモーターショーでカローラハッチバックを発表する事を発表しています。

今回のカローラハッチハッチバックはホットハッチなのか!?それとも町乗りカローラハッチバックになるのでしょうか?

カローラハッチバックのスペックは?

今回トヨタから発表されているカローラハッチバッグのエクステリアやインテリアデザインを見る限りでは、かなりスポティに振っているデザイン性になっています。

シートもカローラにしてはホールド感がありそうな物になっているので「カローラーⅡに乗って買い物に出かけたら~」的な印象は全く受けません。

搭載するエンジンによっても変化しそうですが、どうやら最上級グレードには、新型のダイナミックフォースエンジン 2.0L 直4が搭載される様です。

CVT仕様と6速MT仕様があるようですから、最上級グレードはホットハッチと言った印象を受けるかもしれません。

これを可能にしたのがTNGAシャーシですから、低重心の高剛性が売りですからこの、カローラハッチバックの最上級グレードはかなり、走りそうな感じがします。

Sponsored link


カローラハッチバックの名称はどうなるのか?

今回トヨタから発表されたカローラハッチバックは米国向け名称と言う事が決定しています。

また世界戦略車の車両のため、エクステリア・インテリアとも変更ナシで販売がされる様です。

気になるのは日本での名称ですが、どうやらオーリスの後継車両として引き継がれる目算が立っている様です。

日本名はカローラスポーツになりそうです。

ヨーロッパではオーリスの名前で販売される様ですね。

日本での販売時期は2018年の夏から秋頃と言われていますから、後は価格帯がどうなるかによって売り上げも左右されそうです。

ただカローラフィールダーがあるだけに、差別化をどう図るかが焦点になりそうです。

カローラスポーツが出るだけでもかなり庶民派スポーツ的なのですが、2.0Lよりは1.6Lの方が受けは良さそうな気がします。

「トヨタカローラハッチバックがニューヨークモーターショー2018でデビュー!」まとめ

カローラハッチバックに付いて紹介してきました。

カローラでスポーツタイプとなるとAE111型レビン以降久々のですから、注目度は高そうです。

ただ先ほども言ったように2.0Lだとカローラではない様な気もします。

その辺りトヨタがとう考えているかは不明ですが、ミドルスポーツに86を抱えているだけに、ライトクラスでカローラハッチバックをラインナップした方が良かったのでは?とも思います。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!


 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ