トヨタカローラフィールダー新型の気になる燃費は?GTグレード復活は?


日本の大衆車ワゴンのカローラフィールダーです。販売も好調を維持したままでの、次期モデルへの転換ですから、ここでトヨタがやらかさない限りは安泰路線を走りそうです。

現状ではフィールダーに追随できるワゴンタイプが存在しないだけに、トヨタの1人勝ちになるのしょうか。

次期カローラフィールダーはどこまで進化するのか?

2018年にカローラハッチバックの販売が決まっていますので、フィールダーとしてもその存在感をアピールしなければなりません。

ただ、TNGAを採用することが明らかですから、低重心のワイドボディとなりそうです。

つまりカローラフィールダーの3ナンバー化です。

これは欧州向けの規格サイズですが、そのまま日本でも採用される事になりそうです。

フロントもカローラハッチと同じ仕様になることが見込まれるために、かなり精悍な顔つきになりそうです・・・って事は結構イケテル車になるのか!?と思ってしまいます。

気になるのが3ナンバーのカローラフィールダーの扱いですよね。

たった2~3cmの差とは言え大きくなる事に抵抗を覚える方も多くなるのでは?と言う懸念も・・・

ただこの辺りの車の作りはトヨタは得意そうですからね。

Sponsored link


次期カローラフィールダーにGT復活か!?

次期カローラフィールダーに搭載が予定されているのは1.5L・1.8L・2.0Lの3タイプのエンジンですが、どれもHYBRIDタイプです。

時代の流れから考えれば、HYBRID化は仕方が無いでしょう。

それに燃費の事も考えれば、N社のE-POWERウィングロードなんて出されたら、確実に対抗車両になりそうですからね。

今回注目すべきは、HYBRIDではなくGTクラスの復活が噂されています。

1.6L+ターボで250PSと言われています。

1.6Lターボってそこまで出力出せるんですか~!?って感じです。

これが出たら結構食いつきそうな、大人の方が多そうな気がしますよね。

この辺りはGZあたりが手掛けるのでしょうがそれでも1.6L+ターボは魅力ですよね。

「トヨタカローラフィールダー新型の気になる燃費は?GTグレード復活は?」まとめ

次期カローラフィールダーについて紹介してきました。

トヨタはいつまでたってもカローラブランドを残しています。

そこにはやはり、カローラはトヨタの基本と言うのが根底に流れていそうです。

大衆車と呼ばれるカローラブランドですが、どの車種もキッチリとした物で決めれば、今のカローラ!?カッコ良くない!?と実は思える車なんですよね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ