トヨタ・アバロン新型はハイブリッド!日本では逆輸入のみか?


トヨタアバロンがフルモデルチェンジ?と言ってもピンとこない方も多いのではないでしょうか。

アバロンは北米トヨタのフラッグシップセダンです。

日本では2000年までプロナードと言う名称で販売していました。

トヨタアバロンのフルモデルチェンジ内容は?

北米トヨタのフラッグシップセダンのアバロンですが、日本ではクラウンクラスと思っていいていいでしょう。

現行アバロンは2012年から販売が開始されており、今回フルモデルチェンジを2018年に行うのであれば、6年ぶりのモデルチェンジになります。

今回予定されている変更内容は、エンジンの追加とエクステリアデザインの変更が考えられています。

当然ながらプラットホームも変更になりますが、カムリと同じプラットホームのTNGAの採用になります。

さらに低重心・高剛性の車両になります。日本と同様にセダン人気を向上させるために、アバロンもスポーティーなエクステリアデザインになりそうです。

Sponsored link


トヨタアバロンの追加変更されるエンジンやエクステリアは?

今回のフルモデルチェンジで追加されるエンジンは、カムリに搭載されているダイナミックフォースエンジンで2.5L4気筒ターボが追加されることになりそうです。

他のエンジンは現行型V63.5Lの改良版とハイブリッドTHSⅡが用意される様です。

エクステリアはフロントバンパーが左右に広がるデザインに変更やフロントグリルやバンパーにリブ状のデザインが施され、また全体的なデザインとしてセダンでありながら、クーペモデルの様なデザインに変更。

マフラーは4本むき出しのデザインに変更になるようです。

このエクステリアから言えるのは、かなりスポーティーと言うよりスポーツセダンといった印象になりそうです。

むき出しの4本マフラーはアメリカ仕様と言った印象を受けます。

トータル的にみても、ハイブリッド以外はフラッグシップセダンでありながら、やなんちゃな車両に仕上がっていそうです。

「トヨタ・アバロン新型はハイブリッド!日本では逆輸入のみか?」まとめ

トヨタアバロン新型について紹介してきました。

この新型アバロンが日本で販売されるか?疑問に思われるかもしれませんが、日本での販売される事は無いでしょう。

かなり興味を引かれる感じですが、カムリの上位車両と言う事から、FF車両と言う事になるのではないでしょうか。

3.6LでFF車ではどれだけトルクが逃げてしまうのでしょう。

この排気量であればFRの方がいいのですけどね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ