トヨタ・オーリス新型へのフルモデルチェンジで評判と評価は変わるのか?


2006年に初登場したオーリスは2012年に2代目となるフルモデルチェンジを行っています。

今回噂になっているモデルチェンジで3代目となる予定になっていますが、どの様な変化をしてくるのでしょう。

トヨタオーリス(フルモデルチェンジ)が名称変更か!?

オーリスの新車販売台数をみると、初代オーリスが順調な販売台数を残していたのに対して2代目オーリスの販売状況は芳しいと言える状況ではありません。

ハイブリッド車を追加したことで新車効果を産みましたが、その後は軒並み左下がりの数字が続いています。

モデル末期という事もあって3代目オーリスにトヨタ自身が威信をかけたいところなのでしょう。

噂では2017年12月に発表発売か!?と言われていましたが、スパイショットを見る限りでは、もう少し時間が掛かりそうです。

早くて2018年春以降といったところでしょう。

ただ、ここでトヨタがオーリスの名前の変更をするのでは?と言われています。

世界戦略車両の位置付けもあり欧州での人気は有るものの、知名度的にはインパクトが弱い様で、カローラの冠を付けてカローラハッチバックになるのでは?と言われています。

日本でも若干知名度が低い影響もかなり考慮しての事なのでしょう。

Sponsored link


トヨタオーリスフルモデルチェンジの変更内容は?

オーリスがフルモデルチェンジをするに当たって大きな変更点はプラットホームにTNGAの採用です。

これで低重心と高剛性になるので、走行性能がかなり向上します。

エンジンはどうやら現行では3タイプの設定ですが、C-HRのエンジンを搭載してくるのでは?と推測出来るので、1.8L+モーターのハイブリッドと1.4L直噴ターボの2タイプに変更になりそうです。

ただ、ボディは現行オーリスよりも1周り大きくなりそうですが、現状でも全幅が1760㎜もあるので、これで一回りデカイとなるとカローラハッチと言う印象では無くなってしまいそうです。

ミッションには現行で6速MTの設定があるのですが、この設定が残るかは微妙な所でしょう。

カローラハッチというと懐かしのカローラFX等の印象があるので、カローラの名称を付けるならMTTの設定は残しておいてもらいたいものです。

「トヨタ・オーリス新型へのフルモデルチェンジで評判と評価は変わるのか?」まとめ

オーリスフルモデルチェンジについて紹介してきました。

今回で3代目への切り替えとなりますが、ここに来ての名称変更ですから、世界戦略車としてもう少し販売台数を伸ばしたい、トヨタの思惑が見えています。

モデル末期という事もあるの、販売実績にはエクステリアデザインが大きなカギを握りそうです。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ