トヨタGRハイブリッドスポーツコンセプトの市販化は2019年?その真相は?


2017東京モーターショーでトヨタGRが発表したのが、GRハイブリッドコンセプトです。

GRが世界初公開したことで、注目を集めるピュアスポーツカー的な存在です。

スポーツカーと環境問題は反相関関係にありますからそこをうまくまとめて来たと言った所でしょう。

GR ハイブリッドスポーツ コンセプトのエクステリア

GR ハイブリッドスポーツ コンセプトのエクステリアはTS050 HYBRIDをイメージしており86をベースに作り上げられています。

ある角度から見ると、往年の方々には、L28?Z31?と言ったエクステリアにも見えてしまいます。

ましてマッドブラックの塗装ですから、余計にL28の雰囲気が、ガッツリ感じられてしまいます。

ただこのエクステリアで残念なのが、リアからのビューです。

マフラー出口をセンターのバンパーと同じ高さに設置しており、ディフューサーを付けています。

テールランプも八の字的なデザインですから、なんだかレーサー的なイメージがないと感じます。

好みは有るでしょうが車はリアビューが良くないと意外と締まらないのです。

次回はこの当たりの変更があると良いのではないでしょうか。

Sponsored link


GR ハイブリッドスポーツ コンセプトの機能は?

コンセプトカーですから、基本的には何でもアリです。

と言う訳で、キーのスイッチはシフトノブの中に隠されている?これはかなり遊び心満載でいい感じではないでしょうか。

パワートレインはTYOTA HYBRID SISTEM RACINGを採用している事から、かなりトルクの太さがあるのではと容易に想像がつきます。

それにボタン一つでマニュアルモードを選択出来るので、市販された場合には、峠が楽しくなりそうです。

解放感を味わう為にエアロトップを開けていますが、正直これはコンセプトカーだからアリ的な感じではないでしょうか。

トップを開けている分シャーシにかなり補強を入れているでしょうから、ピュアスポーツを売りにするなら、オープントップは不要では?と思ってしまいます。

「トヨタGRハイブリッドスポーツコンセプトの市販化は2019年?その真相は」まとめ

GR ハイブリッドスポーツ コンセプトについて紹介してきましたが、今回は期待半分不満半分といったところです。

コンセプトカーですからまだまだ改良の余地はかなりありますが、やはりクーペタイプには遊び心も必要です。

カチカチに仕上げながらも遊び心を加えて来る仕上がりに今後の期待をかけてもいい車両ではないでしょうか。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!


あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ