トヨタ86新型のエンジンはどうなる?GRの設定など最新情報


2012年4月から販売が開始されたトヨタ86です。

2019年4月で7年目です。マイナーを繰り返してここまで来ていますが、さすがに、フルモデルの噂がちらほらとたっています。

かなり現行型のスタイリングも目に馴染んできていますから、エクステリアを大きくいじってくるのか?エンジンはどうするのか?

庶民的な価格の86だけに高額化は避けてもらいたい所です。

次期トヨタ86のエクステリアデザインはどうなるの?

2019年に行われたデトロイトモーターショーで発表されたのが、BMWとの共同開発の新型スープラです。

意外と86?と思わせるエクステリアデザインとなっています。

シャーシは完全に次期型86と同じでしょうから、このデザインから考えた場合に意外と次期86のエクステリアはキープデザインでは?とも考えられますね。

ただ、いろいろな所から予想図が発表されてますが、正直FT-1コンセプトに似せたデザインとした場合でも結構賛否がわかれそうです。

新型スープラがまっとうなデザイン性だけに、次期型86でエクステリアデザインで冒険する必要性が全くと言って感じられないですね。

変更してもヘッドライト回りとリアのコンビネーションランプの形状変更程度に収まりそうな感じもしますね。

Sponsored link


次期トヨタ86のパワートレインはやはり変更になるのか?

現行車の86に搭載されているのは、スバルの水平対向4気筒直噴エンジンのみです。

現行車はNAしか存在しないわけです。

次期型86には、現行型の2.0Lの4気筒水平対向をそのまま採用予定の様です。

しかし、これだけではなく、ダウンサイジングターボを用意する様な話も上がって来ています。

ダウンサイジグターボは1.6Lか1.8Lで意見がわれている様ですが、有力視されているのが、1.6Lのエンジンの様です。

あのボディで1.6Lターボだと200ps以上は必要だろうと思います。

それに、HYBRIDの投入も確実視されていますが、こちらは、GRが開発している、GR‐HYBRIDをデチューンして市販化ベースにして搭載してくるのでは?とも言われていますね。

3グレードからの選択になるのですが、主力はHYBRIDになりそうですが、個人的には1.6Lターボに興味がありますけどね。

「トヨタ86新型のエンジンはどうなる?GRの設定など最新情報」まとめ

次期型トヨタ86についていろいろ紹介してきました。

発売が2022年と結構先の様なことですから、当面は現行でマイナー続きになりそうですが、どこまでそれも引っ張り切れるかでしょう。

とりあえず新型スープラが発表された事で、次期型86に開発の時間が若干生まれたと考えるべきかもしれませんね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!
 
 
 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ