ホンダ・レジェンドがマイナーチェンジ!日本や海外での評価は?


ホンダのフラッグシップセダン、レジェンドが2018年1月にマイナーチェンジを行って販売開始となります。

これは、2017年東京モーターショーでホンダが公式に発表しています。今回のレジェンドのマイナーチェンジは一体どんな内容なのでしょう。

ホンダ・レジェンドマイナーチェンジの内容は!?

今回東京モーターショーでマイナーチェンジを発表したレジェンドですが、実は既に北米ではACURA RLXで販売が開始されています。

但し、日本仕様のレジェンドは、ガソリン車のみの設定は無く、ハイブルッド車両のみの販売になります。

発売の公式発表はされた物のマイナーチェンジの細かな内容までは発表されていませんが、ACURA RLXのハイブリッド車をそのまま投入となると、SPORT HYBRID SH-AWDを採用する事になります。

これは、2016年のNSXに採用された3モーターハイブリッドシステムと同じ物を採用する事になるので、300PSオーバーの車両になる事は確実です。

またRLXと同じですから、レジェンドのフロントグリルもダイヤモンドペンタゴングリルを採用し、ヘッドライトは、ジュエルアイLEDヘッドライトが採用されます。

Sponsored link


ホンダ・レジェンドマイナーチェンジで確実に売れる車両になるのか?

レジェンドは一時期生産が中止されているほどの車両ですから、正直どこまで売る気が日本であるのか?と言う疑問がわきます。

今までのレジェンドの月別生産台数の平均が100台と言われていますから、ライバルであるレクサスLSとは比較にならない数量と言う事になります。

この高級セダンクラスではどうしても、トヨタ、日産には及ばないのがホンダの現状です。

ホンダ的にはこのレジェンドをラインナップから外せない理由としては、「うちだって大型セダン作れます。」的なアピールを北米でしたいのが見えてきます。

実際レジェンドの主な販売先は北米が主体ですから、日本仕様はホンダの関係会社向け仕様とまで皮肉られている様です。

レジェンドがマイナーチェンジ発売からどれだけ国内で販売台数を増やす事が出来るが注目したいところです。

「ホンダ・レジェンドがマイナーチェンジ!日本や海外での評価は?」まとめ

レジェンドマイナーチェンジを紹介してきました。

正直エクステリアデザインはかなり高いと思います。

スポーティーな印象を受けますから、多少の販売が見込んでもいいでしょう。

ただ、レクサスLSやシーマと比較すると、どうしても見劣りしてしまうのが、高級セダンを作り込んでいない実績の少なさが露呈しているように感じますね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ