マツダ「VISION COUPE」はアテンザ新型のモデルチェンジ?東京モーターショー2017出品車


2017年10月27日~行われている東京モーターショーにマツダが出品してきたのは、VISIONCOUPEです。

4ドアクーペなのですが、デザインの完成度が高く、新型アテンザになるのでは?とも言われています。

マツダ VISION COUPE=新型アテンザになるのか?

今回の東京モーターショーに出品している、マツダVISION COUPE の全体的フォルムから言うと、新型アテンザにしては、攻撃的な印象を受けます。

ただ後部ガラス部には開閉できるラインが入っている事から5ドアクーペと言った様相を見せています。

このスタイリングからすれば、新型アテンザと言われても仕方がないでしょう。

このVISION COUPEはデザイン的に無駄をかなり、そぎ落としている事から、かなりシャープ感が強めに出ている様です。

また、さすがにコンセプト感がフロントライト部当たりに漂っています。

また後部のテールランプ部も変更が若干掛かれば、新型アテンザとして市販ベースに近くなりそうです。

Sponsored link


マツダ VISION COUPE=新型アテンザが販売されるならいつ?

現在のVISION COUPEでは、サイドミラーにモニターミラーが付いていますが、まだこの市販にたいして国交省はOKしていないでしょうから、この辺りも市販ベースに変更が掛かるでしょう。

現行アテンザ自体も2012年にモデルチェンジをしている事から、モデル末期と言う感は否めません。

それに設計思想もここ数年でかなり進んでいますから、アテンザもフルモデルということになるでしょう。

そうなると、デザイン的には、このVISON COUPEのスタイルはアテンザの進化形デザインと言えば、納得と言った感じはします。

これだけ攻撃的なスタイリングですから、今までの様なアテンザユーザーとは違った層をターゲットにしているのも見え隠れしています。

2018年11月頃にアテンザ新型の発表が予想されていますが、このVISION COUPE がどう変化してくるか興味が高いです。

『マツダ「VISION COUPE」はアテンザ新型のモデルチェンジ?東京モーターショー2017出品車』まとめ

マツダVISION COUPEについて紹介してきました。

自分的にはこのデザインがカッコイイですね。

ちょっと尖がったFDのような印象ですかね。

ここ最近のマツダのデザインの躍進はかなり、こだわりを見せている様です。

それに、他社とは違ったデザイン性がユーザーに認められている証拠でしょう。

このVISION COUPEの進化を見届けたい気持ちになりますね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ