マツダアクセラの新型はいつ?燃費と評価はインプレッサを超える!


2003年にファミリアの後継車両として登場したのがアクセラです。

現在のアクセラは2013年にモデルチェンジを行っているので、そろそろフルモデルチェンジなのではとネット上では噂になっています。

欧州で成功した車だけに次期モデルもかなり期待が掛かりそうです。

マツダアクセラ新型モデルのエクステリアは?

アクセラ新型モデルが、あの世界一美しいと言われるRX-VISIONデザインに似せてくるのでは?と言われています。

RX-VISIONは2015年の東京モーターショーでコンセプトカーとしてお目見えしていますが、アテンザの次期モデルデザインにも採用されるとの話も出ています。

それだけ、完成度が高いデザインと言う事になります。

今後もマツダから発売される新型はRX*-VISIONに似せてくる可能性が高くなります。

アクセラと言うとやはり走りを重視する方も多い車種ですから、ある程度は、スポーティなデザイン性にはなるとは思っていますが、RX-VISIONデザインを採用なら文句はないのではないでしょうか。

Sponsored link


アクセラ新型モデルの構造やエンジンはインプレッサを超える!

スカイアクティブ技術の中で若干遅れを取っているのが、シャーシ系ではないでしょうか。

もちろん、現行アクセラの評価は高いものがありますが、新型インプレッサと比較するとちょっと厳しいというのが一般的な評価のようです。

インプレッサの評価が高いのは、まだフルモデルチェンジしたばかりなので当然と言えば当然なのですが、性能面やAWD技術に対してライバル視しているスバル相手ですから、それを超える性能や燃費で開発が進められているはずです。

そのためにも、今回のアクセラ新型にスカイアクティブGen2を採用してくるのでは?とも言われています。

このシャーシはFR構造用のシャーシとも言われているのでもしかすると、2000㏄クラスはこのシャーシを採用してくる可能性があると思われます。

またエンジンもHCCIを当然採用してくる事は間違いありませんから、燃費の向上はかなり図られてくると思います。

HCCIにHYBRIDシステム搭載で更に燃費が上がるのではとも言われています。

そうなると、トヨタや日産のHYBRIDシステムがかすんできてしまいそうです。

アクセラにロータリー+HYBRIDエンジンを搭載するのでは?ともいわれていますが、次期的には間に合わない為に今回でクリーンディーゼル+HCCCI+HYBRIDを主体に1500㏄と2000CCのエンジンを搭載してくるのではないでしょうか。

まとめ

マツダアクセラ新型モデルに付いて紹介してきました。

正直日本では、影が薄くなっている感があるマツダですが、欧州ではそこそこ知名度が上がっている様です。

フロントグリルの統一も成功に一反とも言われています。

最初見た時は「へ!?」と思いましたが、見慣れて来ると以外とカッコイイですよね。

2018年以降のマツダの逆襲に期待大です。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!




Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ