マツダアテンザ新型は直6搭載でFR化!セダンとワゴンの値段は?


マツダのアテンザは2002年に初登場して以来、マツダのフラッグシップセダンの地位を確固たるものにしてきました。

マツダの独特のフロントフェイスは魂動デザインになる以前からスタイルングの良さは非常に高かったと考えてもいいでしょう。

当時はどうしても、作り手側の問題とコスト削減からフラッグシップセダンでありながらFF車の構造になっていましたが、ここでようやく?FR化に進化し始める動きになって来ています。

次期マツダアテンザのFR化にともなってエンジンも変更か?

次期型マツダアテンザのFR化かが進むのであれば確実にエンジンの変更は欠かせない物になってきます。

次期型マツダアクセラに搭載が予定されているエンジンはSKYACTIV-Xが搭載される事になっている様ですが、このエンジンは、簡単に言うとガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいとこどりをしたエンジンという事です。

このエンジンはトルクが全域で10%以上向上し最大で30%も向上が可能とも言われています。

また燃費も現行のガソリンエンジンと比較すると最大で20~30%も向上する事がいわれています。

相当マツダがこのSKYACTIV-Xにかけてきた意気込みを感じます。

Sponsored link


次期マツダアテンザにFR化をさせるのか?

一番疑問に感じられるところかもしれませんが、マツダが掲げる「人馬一体」というコンセプトには、車はFRという考えがどこそこ感じられます。

走りにこだわりを持ち続けるためと、次期型RX-9(仮)の布石をアテンザで実現させておきたいという考えだと思ってもいいかもしれません。

今回FR化するために、プラットフォームは新型のSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTUREを採用する事になるでしょう。

かなりの高剛性を持ちながら生産性も高めたプラットフォームではないかと推測されます。

気になるのが価格ですが350~500万円程度が予想されています。

この辺りは、他メーカーと違ってある種、調度いい価格帯の設定だと考えてもいいでしょう。

「マツダアテンザ新型は直6搭載でFR化!セダンとワゴンの値段は?」まとめ

次期マツダアテンザについて紹介してきました。

もともとデザイン性が高かった車両だけに、今回のエクステリアはVISION COUPEをベースにセダン1本勝負のエクステリアになりそうです。

フラッグシップセダンという位置づけを変更せずに、走りの追及も忘れないという、マツダらしさはさすがとしか言いようがないでしょう。

現在の日本ではセダンの人気が低い事がある為に、どこまで販売実績をのばせるのが問題点ではないでしょうか。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!
 
 
 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ