マツダ直6FRクーペはいつ発表?ディーゼルの排気量と値段、スペックは?


以前からマツダの直6エンジンの噂が飛び交っていましたが、ようやく話がまとまって来た感じです。

もしかしたらロータリーエンジン搭載又は直6エンジンのどちらかという事で、ネット上では話題になっていましたが、今回マツダは、直6にはガソリンとディーゼルの2種類を大型車に搭載を考えている。

と発表しています。

マツダは次期型アテンザにこの新型直6エンジンにしてFR化を図るのか?という事になります。

マツダの直6エンジンのFR化は確定!?アテンザの名前が変更か!?

マツダの中期経営方針で、明らかになったのが、

・直6SKYACTIV-X
・6SKYACTIV-D GEN2

を搭載するのは大型車である事だけで、細かな発表は行ってはいません。

直6のコンパクト化に成功していたとしても、直4並の大きさとは考えにくいです。

立て置きが直6の基本スタイルですから、新型の大型車はFR化になる事といってもいいでしょう。

マツダの最高級グレードはアテンザで、しかも2012年以来モデルチェンジを行っていないことを考えれば、「次期型アテンザ」がその対象になると考えてもいいでしょう。

ただ、アクセラの例があるので、もしかするとアテンザの名称ではなく、北米欧州での名称「マツダ6」に変更になる可能性の方が高いとみていいでしょうね。

Sponsored link


マツダ直6FRにはクーペとセダンが存在するのか?

マツダの直6SKYACTIV-XとD GEN2を搭載するとなると、2017年の東京モーターショーで見せた、VISION COUPEがモデルデザインの原型になっている事は確かでしょう。

VISION COUPE=アテンザという想像はしにくいですよね。

クーペとセダンとを両立させるには、VISION COUPEからの多少のデザイン変更はありえるでしょう。

マツダ的には、対向車種をレクサスあたりに向けている感もあるので、新型1車種だけで対抗するには多少無理があります。

ただ、魂動デザインは欧米ではかなり人気の様ですから、仮にVISION COUPEをベースにした場合のセダンでも、相当数の販売が見込まれるのでは?とも考えられます。

アテンザをマツダ6に名称変更させてまで、行う計画なら確実にクーペとセダンのエクステリアデザインが、勝負の別れ目になるのではないかと感じます。

後は直6SKYACTIV-XとD GEN2の排気量がどこまで大きくしてくるかにも注目すべきでしょう。

直6SKYACTV-Xにターボではなく、スーパーチャージャーの方が、乗りやすい気がします。

2019年東京モーターショーでマツダの動向に注目するしかないでしょうね。

「マツダ直6FRクーペはいつ発表?ディーゼルの排気量と値段、スペックは?」まとめ

マツダ直6FRについて紹介してきました。

現在のマツダの計画では、とりあえず日産を目標としている事は間違いないでしょう。

国内では、確実に日産に近づいていますから、デザイン性では確実にマツダ有利ですからね。

最近は大型車でもFFというのが当たり前になりつつあるのに、あえて直6をぶつけてくるのも、やるな~マツダ!って気持ちですね。

問題は、基準色の赤色(ソウルレッドクリスタルメタリック)が+5万円というのが・・・この辺りがマツダらしさなのかもしれませんね~

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!
 
 
 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ