マツダCX-3フルモデルチェンジでサイズや燃費そして価格は?


マツダは、2019年3月に行われるジュネーブモーターショーに次期SUVをワールドプレミアする事を公表しています。

今回のこの次期SUVは新型CX-3ではという噂も流れているだけに、ジュネーブモーターショーに非常に注目が集まりそうです。

次期CX-3はプラットホームが変更される!?

現行型CX-3のプラットホームはデミオと同じプラットホームを採用している事もあって、コンパクトSUVとして販売されています。

マツダの方針では、プラットホームはスモールとラージの2タイプに絞り込むことが決定されているということなので、CX-3のプラットホームもスモールタイプの新型を採用してくる事になります。

但し、スモールタイプといっても、アクセラで使用されているプラットホームサイズになる為に、次期型CX-3自体の車両サイズの若干ながら大型化が予想されます。

それでも、全幅は1700㎜を超える幅ではないので、5ナンバーサイズはキープされる事になります。

後はエクステリアですが、SUVという事を考えれば現行型に近い物となりそうですが、もしかすると全体が丸みを帯びた形状から、もう少し平たい形状になるのではとも考えられます。

Sponsored link


次期CX-3搭載エンジンは新型エンジン決定!?

現行型のCX-3が現在搭載しているエンジンはSKYACTIV-G2.0とSKYACTIV-D1.8の2タイプですが、次期型CX-3にはSKYACTIV-X2.0が搭載される事になることになりそうです。

御存知かと思いますが、SKYACTIV-Xはガソリンとディーゼルエンジンのいいとこ取りをしていると考えると簡単でしょう。

燃費効率もGタイプよりかなり向上する事がわかっています。

次期型CX-3の燃費は現状の16㎞/Lから20㎞/Lを超えて来る事になりそうです。

ボディが若干大きくなることと、ホイルベースも長くなる事も予想されますから、燃費に関しては、もう少し低くなる可能性もあるかもしれません。

マツダのやることですから、期待してもいいのかもしれません。

「マツダCX-3フルモデルチェンジでサイズや燃費そして価格は?」まとめ

次期CX-3について紹介してきました。

マツダの売れ筋車両ですから、冒険は避けたい所でしょうが、開発コストや部品の共通化をも考えないといけないわけですから、次期型CX-3はプラットホーム以外にも相当数の部品共通化が進むとも考えられます。

ジュネーブモーターショーが開幕しない事には詳細がわからないのはミステリアスですが、マツダなら車の遊び心を踏まえての進化した車両になることは間違いないでしょうね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!
 
 
 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ