レクサスLS FCVの登場は2020年?MIRAIとの違いはどこ


レクサスの旗艦モデルとなっているのがLSですが、このベース車両に燃料電池のみで走行する事ができる燃料電池車を2020年頃までに発売する予定という事が噂に上っています。

プラグインHYBRIDになる可能性が非常に強い事から、世界各国の自動車雑誌が非常に注目している車両になっています。

MIRAIと何が違うのか?

MIRAIの基本的駆動方式はFFベースを採用している所です。

しかい、レクサスLSはFR駆動ですから、MIRAI型のシステムを導入するに当たっては、AWDシステムを採用するのか?が疑問点ですが、基本ベースのFRは崩さずに、フロントタイヤにはインホイルモーターで対応する事となりそうです。

一応の形は4WDのシステムになる事になります。

当然ながら、MIRAIと同じトヨタフェーエルセルシステムをレクサスに採用する訳にはいきませんから、若干の改良が見込まれる事になるでしょう。

MIRAIより若干パワー向上の走行距離も伸びる事が見込まれます。

Sponsored link


トヨタはMIRAIのシステムを追求するのか?

レクサスLSは500と500hが2020年にマイナーチェンジの予定ですから、この時にLS FCVを投入してくる可能性が非常に高いです。

トヨタフェーエルセルシステム改を搭載する予定ですから、販売価格面で非常に不利な状況となることは間違いないでしょう。

MIRAIで700万円台ですからレクサスでは倍近い金額になるのかもしれません。

水しか排出しない水素系の燃料電池方式はまだまだ課題が山積みと言った所ですが、MIRAIで得た情報は確実にフィードバックさせているので、レクサスLS FCVでは、ある程度改善が取られてくるでしょう。

それにトヨタは、いつかはクラウンのもこのトヨタフェーエルセルシステムを搭載する事を考えている様です。

ただレクサスLS FCVとの差別化は図って来るのですが、時代は、HYBRIDから水素燃料電池を主に変更になって来るのでしょうか。

燃費改善のため各社が必死になっているだけに、HYBRIDだけでは、いつかは追いつかれる事は明白でしょうから、トヨタがどれだけ違うシステムを量産化できる事にかかっているのではないでしょうか。

「レクサスLS FCVの登場は2020年?MIRAIとの違いはどこ」まとめ

レクサスLSFCVについて紹介してきました。

システム自体はMIRAIの物を改良するという形にはなるようですが、実際は新規立ち上げに近い形なのだと思います。

このシステムが庶民派市販車までに搭載されるようになるまでは相当な時間が掛かると思います。

HYBRIDにかわる新HYBRIDも開発中のトヨタですから、どう水素燃料電池車両との線引きをしてくるのかも注目したい所でしょう。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ