レクサスLSF最新情報!LS Fスポーツと何が違うの?


トヨタは昨年レクサスLS500F SPORTをラインナップに追加してきましたが、更なる高見を目指して、LS500F SPORTよりも更にスポーツ性能を高めた高性能グレードとして、レクサスLSFを2018年中にラインナップ化されると言われています。

レクサスLSFの装備内容は?

今回レクサスLS500hのスポーツモデルとしてラインナップに追加されたのが、LSFです。

もともとスポーツ性が高いLS500hですが、更にハイパフォーマンス化されたのがLSFになっています。

かなりF SPORT専用のパーツの存在があるようです。

VDIMとLDHを2WDに装備しています。

車のあらゆる方向性のロールをうまくコントロールする装置ですね。

簡単に言うとコーナー時の車のロールがないから快適な空間が実現できると言う物です。

  • FSPORT専用ディスクブレーキ
  • FSPORT専用スピンドルグリル・サイドグリルを採用
  • FSPORT専用アルミホイールにランフラットタイヤで前後でタイヤサイズが違う

インテリアに関しては、全てがFSPORT専用で起きている感じです。

Sponsored link


高級車にお決まりの本革仕様ですが、尻滑り対策革を採用していると思いますが、日本の気候では本革はお薦めはしたくないのですけどね。

レクサスLSFの価格と展望

レクサスLCFの販売価格は1200万~1350万円となっています。

レクサスブランドですから、かなりの高級車という所でしょう。

トヨタのフラッグシップはセンチュリーですが、条件次第では、レクサスの方が価格が高くなってしまうかもしれませんね。

現在日本でもレクサスを乗っている方が大勢いますが、今後の展望としては、車種の種類絞ってくる可能性も考えられます。

トヨタとレクサスで被っている辺りの車種の統合も考えられているでしょう。

ハリアー辺りはレクサスに吸収されて可能性もあるのではないでしょうか。

また最近のトヨタの傾向として、SPORTグレードを投入してきている事がどう影響を及ぼすのか?とも考えられます。

レクサスにスポーツグレードに本当に必要なのか?などが考えられる事も視野に入れておくべきでしょう。

北米・欧州向けにはスポーツグレードは必要かもしれませんが、日本ではそこまでの需要は期待できないはずですからね。

他メーカーとのスポーツグレードの考え方がトヨタは違いますから、レクサスにどこまで求めるのは、ユーザー次第という事になるのでしょう。

「レクサスLSFが遂に登場!LS Fスポーツと何が違うの?」まとめ

レクサスLSFについて紹介してきました。

ますますレクサスブランドが高値の華になってきていますが、正直インフィニティやアキュラよりかは、格が全然違う事が明らかです。

一番方向性を間違えていないのがレクサスブランドという事でしょう。

今回のLSFについてもLS500hの中でも中間グレードですから、ユーザーに選択肢を増やした状態になっています。

ユーザーへの選択肢の少なさは致命的にもなりかねませんから、この辺りは日産・ホンダよりトヨタがはるか上の存在感をアピールした結果になっていると感じます。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ