日産エクストレイル新型はe-Power搭載?燃費や価格はどうなるの 


2013年に現行型のエクストレイルの3代目が登場しています。

すでに8年目に突入したことになり、そろそろフルモデルチェンジでは?と噂になっています。

今回の次期型エクストレイルは、三菱との共同開発となり、三菱アウトランダーと同じプラットフォームを使用することになっているので、姉妹車両という扱いになります。

現行型のエクストレイルの2018年の販売台数は年間5万台ですから、日産としては、もう少しテコ入れしたいところでしょう。

次期型エクストレイルはクーペタイプがラインナップされる!?

現行型のエクストレイルのでは5ドアのクロスオーバーSUVですが、三菱との共同開発によって、次期型エクストレイルに3ドアタイプが登場するのでは?と噂になっています。

以前パジェロで3ドアの実績をもっている三菱ですから、アウトランダーと次期型エクストレイルで、同じプラットフォームを採用することであれば、3ドアのクロスオーバーSUVも可能でしょう。

日本の車事情を考えた場合にラダーフレームを採用しているSUVはトヨタのランクルとスズキのジムニーだけですから、次期型エクストレイルは、現行車と同様にハードな走りに疑問符がついて回る事になるでしょうね。

90年代のようなSUVブームな感じの現在ですが、クロスオーバーが主体となっているだけに、エクストレイル自体を、街中専用のスタイリッシュSUVに進化させて、売り上げ増を狙いたいというのが、日産三菱連合の本音ではないでしょうか。

Sponsored link

次期型エクストレイルにe-Powerが搭載されるのか?

最近の日産の売りは、プロパイとe-Powerの2本立てが主軸となっており、当然ながら、次期型エクストレイルにもe-Powerを搭載してくることが予想されます。

問題は、現行でe-Powerを搭載しているのは、ノートとセレナですが、どちらも1.2Lエンジンを搭載しています。

次期型エクストレイルにe-Powerを搭載する場合、1.2Lエンジンでは確実に走破性に問題を抱えることが目に見えて明らかです。

一応はモーター駆動という事になりますから、いくらクロスオーバーSUVだからといっても、1.2Lエンジンでは、ユーザーを満足させることは不可能でしょう。

仮に、1.2Lエンジンを搭載して燃費をよくしたとしても、本来のSUVとしての魅力は半減以下になると感じます。

次期型エクストレイルの発表の予想は2020年の夏以降と考えられますから、すでに、開発は終了している段階になります。

ノートやセレナのように販売台数が伸びるかは、蓋を開けてみないことにはわからないでしょう。

「日産エクストレイル新型はe-Power搭載?燃費や価格はどうなるの」まとめ

次期型エクストレイルについて紹介してきました。

正直、エクストレイル自体がすでに、街乗り車とかしている現状から、ユーザー自体もハードな走りを期待しているとは思えません。

噂ではインテリアはジュークに似ているともいわれていますから、日産の車づくりに疑問符がついても仕方がないでしょう。

技術の日産とCMをうたっている割には、年間5万台の車が、フルモデルとe-Power搭載しただけで、販売台数が倍増するとは考えにくいです。

エクステリアデザインがどうなるかで、エクストレイルの運命も決まってきそうです。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い
などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!



Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ