日産ティアナ新型はアルティマの日本仕様!燃費や価格はどうなるのか


2018年3月に行われたニューヨークモーターショーで北米日産は、ミドルクラスの4ドアセダンアルティマを発表しています。

2018年の秋ごろから販売が開始されると言われているので、そろそろ販売になるのではないでしょうか。

このアルティマは日本ではティアナとして発売しています。

この新型アルティマをティアナとしていつ日本発売されるのでしょう。

新型日産ティアナの変化はかなり良い感じ!?

発表されたアルティマのエクステリアは以前のエクステリアよりもかなりデザイン性を重視してきています。

特にフロントはデカイVモーショングリルを採用することで、ファミリー感からスポーティな方向付けをさせています。

ローレルの後継車両ですから、スポーティに振っても問題はないです。

インテリアはかなり、購入者層を意識してか、車格よりもゴージャスな印象をもたらしています。

購入する年代は30代~40代といった層をターゲットにしているでしょうから、ある程度装備の充実はさせて置く必要がありますからね。

パワートレインは2.0L直4ターボのVCターボと2.5L直4の2タイプです。

3.5LV6エンジンからの変更となります。

VCターボがHYBRIDのカムリに燃費競争で勝てるのかというと日産は自信を見せている様ですが、眉つばもんかもしれませんけどね。

Sponsored link


新型日産ティアナにプロパイ搭載?

ここ最近の日産の売りは電気自動車とE-POWERとプロパイの3点です。

今回の新型ティアナはE-POWERではないことが明らかですから、搭載はされるのはプロパイになりそうです。

搭載されるのはプロパイ2でしょう。

ミドルクラスセダンにプロパイを搭載させてくるのですから、日本で発売する限りは、対向車はカムリという事になります。

ただこのクラスで、プロパイを欲しているのか?と逆に思ってしまいます。

プロパイを使用している方がどれくらいいるのか分からないですけど、新型ティアナに搭載するのは本当に必要なのかはかなり疑問ですね。

新型ティアナの発売がいつになるのか?といった事ですが、北米で2018年秋導入ですから、日本での導入は早くても2019年春ごろではないかと思います。

遅くても夏までには投入してくる事は間違いないでしょう。

「日産ティアナ新型はアルティマの日本仕様!燃費や価格はどうなるのか」まとめ

新型ティアナについていろいろ紹介してきました。

今回のアルティマのエクステリアはかなりスポーティでいいと思います。

ただ、ダウンサイジングしたからといって燃費がよくなるというのは疑問を感じます。

またプロパイ搭載もどれだけ市場がプロパイを要望しているのかも見えてこないので、オプション設定だけしておけばいいのではないでしょうか。

その前に内部問題を解決しないと新型といえども買い控えが考えられますからね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 
 
 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ