日産リーフNISMOは発売されるのか?気になる価格は?最新情報まとめ!


日産リーフは2017年9月にフルモデルチェンジを行っています。

リーフのNISMO仕様コンセプトは2017年東京モータショーに展示されたことで、市販化のめどが立ったと言った所でしたが、2018年1月に行われた、東京オートサロンではいつラインナップに加わってもいい様な出来栄えの完成度を見せています。

日産リーフNISMO仕様の概要は!?


日産リーフはEV車両としての販売が顕著に伸びている車両になります。

旧タイプのエクステリアよりも、かなりスポーティーな印象を受けている方も多いでしょう。

最近の日産の動きとしては、売れ筋車両にNISMO仕様をラインナップさせる傾向が高くなっています。

リーフもその対象となっている為かNISMO仕様コンセプトを展示しています。

空力を考えているパッケージデザインに専用タイヤと専用足周りの装着で若干のローダウン化を図っています。

またインテリアには黒を基調としたデザイン性にアクセントとしてNISMOカラーのレッドをあしらっていまうす。

それだけ需要が見込まれていると判断してもいいでしょう。

但し、NISMO仕様となると通常のリーフよりも100万円以上掛かる金額となる事が予想されるだけに、購入者にとっては厳しい価格帯になる事も予想されます。

Sponsored link


日産リーフNISMOは本格的走り仕様になりえるのか?


日産リーフ新型を購入した方もかなりの大勢いるとは思いますが、現在の使用用途的に考えた場合には、エクステリアデザインや足周りを気にする方が購入している状況ではないでしょう。

今回NISMO仕様展示することで、若者層の取り込みを図っているとも考えられます。

NISMO仕様までをユーザーが求めているのか?と言う所も懐疑的です。

確かにトヨタはGRブランドを立ち上げておりそこそこの成果を上げている事から、日産もそれに載っている状態になるかと思います。

ただし、TVCMでもNISMO仕様登場等とうたっていますが、GRブランドと比べるとまるでコンセプトが違って見えてしまいます。

確かにNISMOブランドはいい物ですが、デザイン性だけの強調が見られており、GRブランドの本格的な取り組みとは一線を引く形になっています。

あえてNISMO仕様を作る訳ですから、新型リーフでも走りを強調出来る物でなければ、ユーザーはある意味納得はいかないでしょう。

「日産リーフNISMOは発売されるのか?気になる価格は?最新情報まとめ!」まとめ


日産リーフNISMOについて紹介してきました。

新型リーフは旧型タイプよりも航続距離も伸びており、シティコミューター的存在からの脱却が見られます。

EV分野ではトヨタの先を行く形にはなっていますが、HYBRIDやPHV系車両ではトヨタの足元にも及ばないと言った現状でしょう。

環境問題や車の技術をアピールするのは大事かもしれませんが、忘れてはいけないことは、車は楽しい!と言う事を日産は忘れている様な気がしてなりません。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?


  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!


あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ